ふなや【愛媛県・道後温泉】宿泊記①~館内編~

今回は、道後温泉の「ふなや」に宿泊しました。

ふなやの歴史は古く江戸時代から390年ほどと言われています。

明治時代の夏目漱石などの文豪から

昭和天皇、上皇陛下、今上天皇までも宿泊されている歴史あるお宿です。

ふなやではバレーサービスが行われています。

到着時には雨が降っていましたが、スタッフの方に傘をさしていただき、車を降りました。

ただ、現在はコロナの影響で希望する人のみ行われているそうです。

ロビーは広くはありませんが、すごく落ち着いた雰囲気です。

スタッフがたくさんおり、親切に接客していただきました。

中庭には日本庭園があります、庭園の中心には渓流が流れており、客室からは水の流れる音が微かに聞こえます。

ふなやの浴場は南館に2カ所あり、夕方と朝で男女入れ替え制になっています。

ロビーの裏側から、細い廊下で南館へ移動します。

廊下からは中にはが良く見えます。

廊下の先には浴場と休憩処があります。

現在はコロナ禍のため、休憩処での飲食物の提供は行われていませんでした。(2020年11月現在)

1解の浴場は御影の湯と呼ばれており、御影石で造られた浴場になっていなした。

2階の浴場は檜の湯と呼ばれています。湯船が檜で囲われた浴槽です。

コロナ禍のため、サウナはクローズになっています。(2020年11月現在)

また、道後温泉本館まで歩いていくことが出来ます。

本館で入浴の際には、タオル、石鹸、籠をかして頂けました。

館内の紹介は以上です。

客室について、次回の投稿で紹介します。

次回の投稿はこちら↓

ふなや

〒790-0842愛媛県松山市道後湯之町1-33

https://www.dogo-funaya.co.jp/

ふなや

〒790-0842愛媛県松山市道後湯之町1-33

https://www.dogo-funaya.co.jp/

全国各地の旅館ホテルの宿泊記を書いています。よろしければ、ご覧ください。